危険な目に遭わないようにしながらパパ活しよう!

パパ活

パパ活と言えば、まるでバブルを思わせるかのような華やかな状態と言う意味で使われることは減っていますが、お小遣いでは、バブル並にもらえている女の子も普通にいます。

 

あくまでもお小遣いはパパ次第なので、最低1から5万円が普通なのですが、1回のHで10万円くれるパパもいますからね。

 

さて、そんなパパ活で良い思いをするためには危険な目に遭わないようにすることも大切なことですよね。

 

パパ活で噂されている危険なことと言えば・・・

 

・お会計時に自分の分しか払ってくれずに結局お小遣いももらえなかった!

 

・実はパパ目的じゃなくて化粧品販売業者だった!

 

・違法風俗店の営業だった!

 

・Hしてもヤリ逃げされた!

 

・中出しされてやり逃げされた!

 

などえらい目に遭った女の子も多いものです。

 

ではどうすればそんな目に遭わずに済むのかと言いますと、

 

デートする前に手付金をもらうことです。

 

例えば、

 

今回のデートは1万円の約束ならせめて5千円はもらっておくようにしましょう。

 

これなら逃げられても損はしないことになります。

 

まず、身体目的ありで出会うとしてもやり逃げしようと思う男性は必ずお金を持ってきていないので、5万円とか10万円とかおいしいことをメール内で言ってきたら、ラブホテルに入る前に1万円でもいいのでもらっておくようにしておくことですね。

 

なぜそれが必要なのか?

 

実は18才以上だと法律上は罰せられることはないのですが、話が元々グレーなので罰せられることはなくても警察が介入することはほとんどありません。

 

ですので、18才以上の女の子が「お金をもらう予定だったのにやり逃げされた」と警察に相談したところで逆に注意されてしまう恐れがあるからです。

 

ですので、自分の身は自分で守るようにすることがとても大切なのです。

 

こういう男性とは会わないようにする!

 

・自分は医者と言っているのに、なんか貧乏くさい

 

・出会ってみたらゆとりのなさそうな格好をしている
(そこそこかっこいいスーツにネクタイ、ピカピカの靴とはほど遠いような格好、実はお金持ちの男性は、ラフな格好でもそれなりに高い洋服を着ているものなのです。)

 

出会った瞬間の直感を信じていけば、たいてい9割以上の確率で当たると言われていますので、ヤバそうだと思ったら車にも乗らずに、早々と帰宅して新しい人を探すようにしていくと良いでしょう。

 

このページの先頭へ戻る