パパ活でストーカーの被害に遭わないようにするには?

ストーカー

パパ活は、おじさんと女の子を繋ぐための出会い方なので、おじさんにとっては普段ならまず付き合えないような女の子ともデートできると凄く喜びのある出会い方なのです。

 

ところが、パパはいつも必ずお金を持っているのかと言えば、さすがにそれは別の話で、もう手渡せるお金がなくなったとしても、女の子に会いたいと言う流れになる場合だって当然のようにあります。

 

特におじさんにとっては、家族は話を聞いてくれないけど女の子は俺の話を聞いてくれると思っていれば、粘着してくることもあります。

 

ですので、いつの間にかストーカーの被害に遭う場合だってあります。

 

こういうときのために、パパ活をする際はどうしておけば良いのか紹介しますね。

 

・パパには住所を教えないようにする

 

元々パパ活サイト自体にも年齢確認のときですら住所を教える必要はないので、情報漏えいはまず有り得ません。

 

ですので、ストーカーの被害に遭わないためにもいくら仲良くなったとしても家の近くの駅前で会うことも駄目です。

 

・パパにはすべてLINEIDかカカオトークIDの普段利用していない方でやりとりする

 

LINEIDを普段利用しているのならカカオトークIDにすることが大事です。

 

それは、タイムラインを載せると今何をしているのかバレてしまう恐れがあるためです。

 

・パパと別れたら速やかにパパのアカウントをブロックする

 

ちゃんと言えば、このパパとは終わりだと思った段階ですね。

 

1mmの余韻も残さずに、もう会えないことを伝えるようにしないと、会いたいけど会えない事情があると勘違いされてしまう恐れがあります。

 

この3点をしっかりと頭に入れておけば、パパ活でストーカーの被害に遭わないで済みますよ。

 

それでも、ストーカー被害にもし遭ってしまったら・・・

 

・消費生活センターへ連絡する

 

話を聞いてもらえ、弁護士を紹介してもらえるかもしれません。

 

・弁護士事務所に相談する

 

相手に対してストーカーをしないように厳重注意をしてもらえる(お金は掛かります)

 

・警察に相談する

 

話を聞いてもらえ、パパに注意を促してもらえることもある

 

 

パパになってくれる人は、社会的身分が高い人が多く公的機関からの注意を受けると受け入れやすいので、そこをうまく利用してみましょう。

 

このページの先頭へ戻る